スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


春の通院記録

2011-05-12(Thu)
 笑顔

何だか今年は月一の更新ペースですが小梅は元気にしています^^
(以前からたいして更新してないけど・・・)

春は狂犬病の予防接種、混合ワクチン、フィラリアの検査と病院へ行く事が
多くなる季節です。

まずは狂犬病の予防接種。
こちらは4月に近所の公園や保健所などで行われる集団接種に行ってきました。
病院嫌いの小梅の負担を少しでも減らせる様にとなるべく家の近くで!

今年は私の休みと合い家から一番近い所で受ける事が出来ました。
だからもちろん徒歩。ご近所のワンコが沢山来ており小梅は少々興奮しましたが
わずか5分程度で受付、注射、お会計なので飼い主も楽チン♪^^
小梅も他のワンコに気を取られている間に注射終了でございました。

続いて混合ワクチン&フィラリア検査。
こちらは掛かりつけの病院へ。。。
しかし、昨年のワクチンの接種後に実は小梅嘔吐をしたのでした。
ワクチンのアレルギー反応という事もあるので、まずはワクチンの抗体が身体に
残っているかの検査をしてもらいました。

この検査で抗体が残っていなければアレルギー反応を起き難くする注射を打って
それからワクチン接種を行います。
こちらのアレルギー反応の検査は血液を採取して検査をするので、フィラリアの
血液検査も同時に行えました。

アレルギー反応の検査結果は後日でしたが、フィラリアの検査結果は陰性で
その場でOKを頂きました。
そして1週間後、アレルギー反応の検査結果は病院の先生が予想された通りで
抗体がまだ小梅の身体に残っていました。

受けたのは2種類
犬パルボウィルス抗体 320倍
犬ジステンパーウィルス抗体 160倍
という結果でした。

・パルボウィルス抗体は20倍未満は速やかに接種することを薦めます。
・20倍なら完全に防御できる抗体ではないので、できるだけ早く追加接種を
することを薦めます。
・40~80倍なら現時点では防御できる抗体価ですが1年以内に追加接種を
することを薦めます。
・160倍以上は発症を防御できる抗体価です。問題ありません。

・ジステンパーウィルス抗体も20倍未満は速やかに接種することを勧めます。
・20~80倍なら完全に防御できる抗体ではないので、できるだけ早く追加接種を
することを薦めます。
・160~320倍なら現時点では防御できる抗体価ですが1年以内に追加接種を
することを薦めます。
・640倍以上は発症を防御できる抗体価です。問題ありません。

と言う事なので今年のワクチン接種は無しになりました!
また病院へ行かずに済んで小梅はラッキー!?
我が家の財布も後日にまたワクチンを接種ならアレルギーを起こし難くする注射を
接種後にワクチン接種だった為諭吉が一人飛んでいく予定だったのでラッキー!?

来年はワクチン接種の予定です。
その他の簡単な身体のチェックも特に問題ナシ。
少し耳が汚れていましたがこちらも掃除をしてもらいOK。
体重は22,8キロとまた少し減りましたが痩せすぎをいう訳でも
ないので問題ナシ。

しかし、8歳という年齢からそろそろドックドックを薦められました。
小梅には健康で長生きして欲しいからした方が良いのだろうけど
こちらは夏のボーナス次第という事で保留中。。。><



スポンサーサイト
M-dachs Watch(T)
プロフィール

つーやん♪

Author:つーやん♪
神奈川県在住。
旦那+娘+小梅(黒ラブ)と暮らしています。
ワンコとのお出かけ、日々の出来事など
のんびり更新していきます♪

いくつになったの
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。